口コミ評判の高い当たる競馬予想サイトをピックアップして徹底比較

最終更新日:2017年10月21日

競馬予想と競馬必勝法

中継する男性

馬券を購入する人が競馬予想をなんのためにしているかというと、馬券で勝って儲けることが目的でしょう。負けることを前提に馬券を購入している人はいないと考えられます。

以前には馬券は25%もの控除率があるために、競馬で安定的に儲けることは不可能と言われてきました。25%の控除率は単純に考えてみれば100円の馬券を購入すれば、期待配当は75円ですから普通で競馬予想をしていれば、継続的に勝つことは相当難しいことであることは誰にでもわかります。控除率が少なければ勝つ確率は格段に上がっていくのです。

しかし、近年では競馬で大きな儲けを上げた人がいることが皮肉なことに脱税事件として表沙汰になることでわかってきました。

事件の内容をみてみると何年にも渡って安定的に大きな利益を馬券購入で上げていたことがわかりますから、それらの脱税事件によって競馬必勝法があったことが事実上証明されたことになります。

それぞれの脱税事件は有罪か無罪かはともかくとして、控除率の25%の壁を破ったことは間違いない事実であり、ハズレ馬券を経費と見るか経費とは見なさないかということが問題になっているのであって、競馬必勝法としての違法性は全くありません。

詳細な馬券必勝法の内容はわかりませんが、出てきている内容を吟味するとそれらの競馬必勝法はかなりたくさんの点数の馬券を購入していることと高配当が期待できる馬券の種類を購入していることがわかります。

高配当の期待できる馬券の種類とはいわゆる3連単などの馬券のことを指していると思われます。高配当の出やすい馬券が導入されたのは最近のことですから馬券必勝法が最近になって登場してきたこともわかります。

他点数を購入することからハズレ馬券の経費としての扱いが事件の問題になっていることもまたわかります。

そして、何よりもたくさんの馬券の点数を購入しているという事実から何らかのパソコンのソフトを利用していたことも確実でしょう。要するに馬券がインフレ化してパソコンの登場したことが馬券必勝法が現れる契機になったと考えていいでしょう。

ハズレ馬券を経費にできないとなれば競馬ファンは競馬をする意味がなくなりますが、大量の馬券を購入するのはパソコンでないと厳しいですから、銀行を介さないと無理ですから、必ず大きな利益は当局に把握されてしまうことになります。競馬場や場外馬券売り場で購入するのは手間がかかるからです。

ただしハズレ馬券を経費にできないということならばこれらの競馬必勝法は競馬に勝って税金に負けるということになりますが。

当たる競馬予想サイト口コミ評判比較【ウマいっス】|TOP↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投資競馬のオススメ!!
フォーメーション
当たる競馬予想サイト【ウマいっス】
競馬法に基づく表記
1.馬券の購入は個人の責任において行ってください。
2.競馬法第28条により、20歳未満の未成年者は勝馬投票券を購入、又は譲り受ける事を禁止されております。
3..当サイトの情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。